/ 感度抜群

シーツを湿らすほど・・・風俗体験記

本日も出張中ということで何度もお世話になっている
『◯○◯◯○◯』へ電話。
可愛い女の子が多い店なので
おまかせでお願いします。

40分ほどで到着した女の子は
綺麗なお顔にバランスの取れた体
まるでモデルさんのようです。

少しお話してからお互いに服を脱ぎ全裸に。

クビレからお腹、腰、お尻
素晴らしい曲線を描いたパーフェクトボディ!

そして程よい大きさのおっぱいの先には
ピンク色の綺麗な乳首が勃っています♪

ムクムクと大きくなるチンコ。

すぐに飛びかかりたい衝動を抑え
手をつないでベッドへと移動。
Untitled-1
二人で倒れ込むと
私の上に綺麗なお顔が。

軽く見つめ合いそのまま唇を合わせます。

唇の柔らかい感触を堪能していると
女の子の舌が唇をこじ開け口の中に・・・

激しく舌を絡め合いながら
スレンダーな体を抱きしめていると
女の子の指は私の胸、お腹をなぞって
ビンビンのチンコへ。

ディープキスを続けながら
玉袋から亀頭まで優しくナデナデ。

女の子は唇をそっと離して
優しくニコッと微笑むと下へ移動。

私の勃起した乳首を

ペロペロペロペロ
ペロペロペロペロ

左手で掴んでいるチンコも同時に

シコシコシコシコ
シコシコシコシコ

女の子の舌が私の乳首から離れ
お腹をツーーっとなぞりながら
下腹部へ。

シコシコしていた左手は竿を優しく掴み
その先にある亀頭部分を口にパクリ。

上目遣いで私を見つめながら
温かい口内で

レロレロレロレロ
レロレロレロレロ

同時に竿を左手で

シコシコシコシコ
シコシコシコシコ

あまりの気持ちよさに
このままでは暴発してしまうので
攻守交代。

女の子を寝転ばせ
再び激しいディープキス。

唇を離し唾液の糸を引きながら
首元を通っておっぱいへ。

綺麗な形のおっぱいをガン見し
両手で優しく掴んで
柔らかいおっぱいをモミモミ。

歪んだ女の子の顔を見上げながら
乳輪をペロペロ。

「んっ・・・」

軽く漏れた声を確認して
ビンビンに勃起した乳首に
そっと舌で触れると

「んんっ・・・」

先程より大きい声が漏れ
体がピクっと反応します。
Untitled-2
そっと触れていた舌を
徐々にスピードアップし

ペロペロペロペロ・・・

同時に脚の付け根から
内ももを撫でまわすと

「あぁぁっ・・・」

そのままアソコに触れると
シーツを湿らすほど
ビチョビチョです。

乳首をレロレロしたまま
人差し指と中指を挿入。

簡単に入った二本指を軽く曲げ
中でクチュクチュと動かすと

「あっ、あっ、あぁぁっ・・・」

女の子の激しい悶えとともに
愛液がどんどん溢れてきます。

私は乳首から舌を離し
体勢を入れ替え下半身を女の子の顔へ。

私の顔はヌレヌレのアソコへ到着し
シックスナインの形へ。

ビラビラを広げ、まだまだ溢れてくる
愛液をすべて受け入れるように舐めまくります。

「あぁぁぁっ・・・」

漏れる声を抑えるように
女の子の口がビンビンチンコをパクリ。

腰をくねらせながら
顔を激しく上下させ

ジュボジュボジュボジュボ・・・

左手を添え口の動きに合わせ

シコシコシコシコ・・・

「うっ・・・」

私もつい声を漏らしてしまいます。

このまま果てる訳にはいかないので
私はビラビラを広げている両中指を軽く挿入し
高速でクチュクチュ弄りながら
勃起しているクリを舌先尖らせ

レロレロレロレロ・・・

「んんーーーっ」

女の子はチンコから唇を離し
唾液まみれの竿を
高速シコシコ続けながら

「イッちゃう・・・イッちゃう!!!」

腰をピクつかせ昇天。

同時に、溢れた愛液を顔に浴びながら
ひくつくアソコと開いた尻穴をガン見し

「イ、イクね・・・」

私も発射。

女の子は慌てて大量に発射し始めた
私のチンコを咥え、残りを最後まで搾り取ってくれました。

チンコを綺麗に拭き取り
飛び散った精液を拭き取って

「いっぱい出ちゃった」

濡れたシーツを見て女の子が微笑んだところで
時間となりました。
Untitled-3-copy-1
Untitled-2-1

(料金)
 割引 2,000円
 交通費無料
総額 14,000円

お店の評価(5段階で)
女の子:★★★★
受付:★★★
総合:★★★★

感度抜群の女の子で最高でした。
飛び散る愛液を体に浴びるのは
興奮しちゃいますね。

シーツを湿らすほど・・・風俗体験記
Share this